『犬と暮らす』 自然派の自分らしい住まいKATA暮らしKATAを考える奈良のエルグ建築設計より 

onlywankoo.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 03日

憧れの対面キッチン

キッチンと畳の居間が襖で仕切られているサザエさん家スタイルのお住まいです。
c0203505_10393961.jpg


お料理がお得意の奥様は、キッチンに立たれることが多いのですが、居間との「距離感!」「独立感!」をすごく感じて過ごしてきたとか・・・
『みんなの顔や気配を感じながらキッチンと居間の一体感が欲しい』というご希望!
そして、
『キッチンからお風呂、洗面所につながる水廻りが大変寒いので温かい空間に』というご主人のご希望!
c0203505_10412895.jpg


さまざまな想いをカタチに・・・
リフォームが始まりました。
6帖の居間と一間半の押入れ解体から。。。大工さんや各業者さん達の出番です。
c0203505_13571463.jpg


キッチン側の広さは5.5帖ほど。こちらも全て解体!
c0203505_1357502.jpg


全部で13畳のスペースの有効活用です。
お店をされいてお忙しいご夫婦なので、お昼はカウンターで食事が出来るようにしたいというご希望にも応えることが出来ました。
c0203505_13585016.jpg

元の押し入れは有効奥行を50cmにして可動棚を全面に取り付けることで、整理しやすく、出し入れもし易くなり、一目でどこに何があるかわかり易くなった上に収納量も前より増えたと好評でした。
c0203505_1030362.jpg


限られたスペースを最大限に使うため、あえてL型キッチンで対面に挑戦しました。
L型にすることでコーナーの部分が有効活用でき、元の仕切りの壁もニッチを設け、広い作業スペースを確保!
元からある2つの窓も新たに生き返り、風通しも明るさもGOOD!
c0203505_140220.jpg


お料理好きの奥様も大満足していただけました。
c0203505_140346.jpg


収納も吊戸棚、床下収納、コンロ横のスペースも隙間なく利用しての食器棚収納と・・・。
オーブンレンジ、炊飯器、ポット等ちゃんと所定の位置に納まりました。
c0203505_1412145.jpg


勝手口から出た裏側も有効活用。
c0203505_14232.jpg


クリアマットのテラスと目隠しパネル+ウッドデッキを付けてそのまま出れるようにしたので使い勝手も良いと好評です。
テラスと目隠しパネル効果は夏の暑さを遮り、冬は、ちょっとしたサンルーム効果が期待されます。
場所のとらない引き戸式の勝手口は、カギを掛けたまま網戸に出来る通風スライドドアとなっています。
その上部に、採光用のFIXマドを付けることでより明るくなりました。
c0203505_143858.jpg


ご主人や奥様、大工さん達と一緒になって暮らしやすい形を考え、リフォームして行く過程は、みんなでワクワクしながら、話し合い打ち合わせも弾みました。
出来上がって、毎日ウキウキと今は暮らせているとおっしゃっていただいてます。


自分らしい住まいKATA・暮らしKATAを考えるエルグ建築設計
 
[PR]

by kimaguretetty | 2014-07-03 09:16 | 住まいKATA暮らしKATA


<< 早朝の森での独り言!      「Suteki」におやつTime >>