カテゴリ:住まいKATA暮らしKATA( 18 )


2016年 01月 01日

新年のご挨拶!!

旧年中は、いろいろとお世話になりました。

c0203505_23382511.jpg


今年も我が家のワンコ共々
エルグ建築設計を宜しくお願い致します。

c0203505_23393349.jpg



自分らしい住まいKATA・暮らしKATAを考えるエルグ建築設計
[PR]

by kimaguretetty | 2016-01-01 00:04 | 住まいKATA暮らしKATA
2015年 01月 01日

I wish you every happiness.

c0203505_8471082.jpg

[PR]

by kimaguretetty | 2015-01-01 08:54 | 住まいKATA暮らしKATA
2014年 07月 03日

憧れの対面キッチン

キッチンと畳の居間が襖で仕切られているサザエさん家スタイルのお住まいです。
c0203505_10393961.jpg


お料理がお得意の奥様は、キッチンに立たれることが多いのですが、居間との「距離感!」「独立感!」をすごく感じて過ごしてきたとか・・・
『みんなの顔や気配を感じながらキッチンと居間の一体感が欲しい』というご希望!
そして、
『キッチンからお風呂、洗面所につながる水廻りが大変寒いので温かい空間に』というご主人のご希望!
c0203505_10412895.jpg


さまざまな想いをカタチに・・・
リフォームが始まりました。
6帖の居間と一間半の押入れ解体から。。。大工さんや各業者さん達の出番です。
c0203505_13571463.jpg


キッチン側の広さは5.5帖ほど。こちらも全て解体!
c0203505_1357502.jpg


全部で13畳のスペースの有効活用です。
お店をされいてお忙しいご夫婦なので、お昼はカウンターで食事が出来るようにしたいというご希望にも応えることが出来ました。
c0203505_13585016.jpg

元の押し入れは有効奥行を50cmにして可動棚を全面に取り付けることで、整理しやすく、出し入れもし易くなり、一目でどこに何があるかわかり易くなった上に収納量も前より増えたと好評でした。
c0203505_1030362.jpg


限られたスペースを最大限に使うため、あえてL型キッチンで対面に挑戦しました。
L型にすることでコーナーの部分が有効活用でき、元の仕切りの壁もニッチを設け、広い作業スペースを確保!
元からある2つの窓も新たに生き返り、風通しも明るさもGOOD!
c0203505_140220.jpg


お料理好きの奥様も大満足していただけました。
c0203505_140346.jpg


収納も吊戸棚、床下収納、コンロ横のスペースも隙間なく利用しての食器棚収納と・・・。
オーブンレンジ、炊飯器、ポット等ちゃんと所定の位置に納まりました。
c0203505_1412145.jpg


勝手口から出た裏側も有効活用。
c0203505_14232.jpg


クリアマットのテラスと目隠しパネル+ウッドデッキを付けてそのまま出れるようにしたので使い勝手も良いと好評です。
テラスと目隠しパネル効果は夏の暑さを遮り、冬は、ちょっとしたサンルーム効果が期待されます。
場所のとらない引き戸式の勝手口は、カギを掛けたまま網戸に出来る通風スライドドアとなっています。
その上部に、採光用のFIXマドを付けることでより明るくなりました。
c0203505_143858.jpg


ご主人や奥様、大工さん達と一緒になって暮らしやすい形を考え、リフォームして行く過程は、みんなでワクワクしながら、話し合い打ち合わせも弾みました。
出来上がって、毎日ウキウキと今は暮らせているとおっしゃっていただいてます。


自分らしい住まいKATA・暮らしKATAを考えるエルグ建築設計
 
[PR]

by kimaguretetty | 2014-07-03 09:16 | 住まいKATA暮らしKATA
2014年 01月 01日

あけましておめでとうございます!

c0203505_23282323.jpg

2014年 午年! 今年一年も仕事にプライベートに楽しく駆け巡ります。
よろしくお願い致します。





自分らしい住まいKATA・暮らしKATAを考えるエルグ建築設計
[PR]

by kimaguretetty | 2014-01-01 00:02 | 住まいKATA暮らしKATA
2013年 05月 16日

NEXT21

谷町6丁目の交差点
c0203505_9212345.jpg

この辺りは、幼少期を過ごしたところで、久しぶりに来てとても懐かしいでした。
ここから、上本町に向かって少し歩くと・・
c0203505_9402482.jpg

『NEXT21』があり建築士仲間と見学に行ってきました。
c0203505_1004168.jpg

NEXT21とは・・・
大阪ガスがガスのエネルギーと太陽電池を効率よく使ったシステムを設置した実験型集合住宅です。
c0203505_9413332.jpg

c0203505_9415858.jpg

また、建物の構造躯体もスケルトン・インフィル方式を採用され、
一部屋スケルトンにできて自由な設計が出来るのです。
c0203505_9405248.jpg

フレキシブル配管システムにより、通常縦にスペースをとるパイプスペースが最少ヶ所に集約できていました。
凄くいろんな面を考えられ、理想的な空間が生まれていました。
c0203505_9465934.jpg

パブリックスペースにも住む人たちのコミュニティのこと、自然環境のことを考えられた
まさに近未来へ向けたエネルギーシステム実験集合住宅でした。
実際に住まわれている住居の設計にもアイデアが満載!!



しかし、現実にはコストがかかり過ぎるのかもしれません。(笑)

自分らしい住まいKATA・暮らしKATAを考えるエルグ建築設計
[PR]

by kimaguretetty | 2013-05-16 10:01 | 住まいKATA暮らしKATA
2013年 01月 07日

1月7日の習慣

七草は、早春にいち早く芽吹くことから邪気を払うといわれました。そこで、無病息災を祈って七草粥を食べたそうです。
「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」子供の頃におばあちゃんから教えてもらって
一生懸命名前を覚えた記憶があります。
c0203505_20152830.jpg

七草を胃腸に負担がかからないお粥で食べようというのですから、正月疲れが出はじめた胃腸の回復にはちょうどよい食べものです。また、あっさりと仕上げたお粥は、少し濃い味のおせち料理がつづいたあとで、とても新鮮な味わいになるのでは・・
c0203505_2021281.jpg

今日は、年頭にあたって、「今年も家族みんなが元気で暮らせますように」と願いながらお粥をいただきました。

昔の暮らしの中での良き習慣の一つだと思います。
[PR]

by kimaguretetty | 2013-01-07 20:27 | 住まいKATA暮らしKATA
2013年 01月 01日

A HAPPY  NEW YEAR !

2013年新しい年がやってきました。
旧年中は、いろいろとお世話になりありがとうございました。
今年もまた、一年楽しく暮らせるお手伝いが出来ればと思います。
自分らしい『住まいKATA・暮らしKATA』を考えるエルグ建築設計
を今年もよろしくお願い致します。
c0203505_182572.jpg

皆様が楽しい日々を送れることを心からお祈り申し上げます。
また、ブログもマイペースながらUPして行きますので、よろしくお願い致します。
c0203505_1832573.jpg

[PR]

by kimaguretetty | 2013-01-01 00:03 | 住まいKATA暮らしKATA
2012年 12月 20日

なぐりの風合い

自分らしい住まいKATA・暮らしKATAを考えるエルグ建築設計

伝統的な表面加工の“なぐり”です。
『名栗』と表され、その名の通り、主として栗材に施されていました。
建築資材としての木材の多様化が進んでいる現在では、多彩な樹種に施され、表面加工の種類も増大しています。また、職人技として手作業で行うことが多かったなぐり加工も、その加工ができる職人さんが減っています。その為、現在では機械でもその味わいを表現させることが多くなっているそうです。
c0203505_21312123.jpg

種類も亀甲なぐり、平一枚なぐりなど刃の形によって仕上がりの表情に違いが現れますが、
それがとても良い風合いになっています。
c0203505_21322191.jpg

ホールの床と廊下の一部に施工した一例です。
アキがなく、落ち着いた風合いと歩いた時の足裏に楽しい感触が味わえます。

お家の中でワンコを飼ってる方にも必見!!
床材の表面を加工することで滑り止めの代りにもなるのです。

最近に多いスプーンカットのサンプル&施工例
c0203505_2132513.jpg

c0203505_2133911.jpg

床だけでなく、壁や床柱、框、落掛け、門扉などと使う箇所で加工の種類を選択しながら味わいを楽しむ
事が出来るのです。
[PR]

by kimaguretetty | 2012-12-20 23:07 | 住まいKATA暮らしKATA
2012年 09月 21日

女性建築士同士の井戸端会議

9月19日王寺から発信のFM814!
またまた建築?についておしゃべりしてきました。

平群から南の方しか残念なことに電波が入らないとかで・・・
しかし、今はWeb配信というものがあるのです~

時間差にはまりますが、今日から↓クリックしていただいてHP

『平成、なら、暮らし~』9月19日放送分
http://fm814.sblo.jp/article/58405156.html


のところをちょんとクリックで・・・Web配信が聞けるようになっています。
c0203505_18202393.jpg

今回はアル建築設計の渡邊さんと私のお友達2名のスタジオ参加で気軽におしゃべりしています。

是非、聞いてみてくださいね。



『犬と暮らす』 自然派の自分らしい住まいKATA暮らしKATAを考える奈良のエルグ建築設計より 
[PR]

by kimaguretetty | 2012-09-21 18:24 | 住まいKATA暮らしKATA
2012年 09月 17日

新築プラン

新築のプランニングです。
まず、施主様のご要望をじっくりとお聞きします。

最初にお会いしてまず施主様の夢や想いをお聞ききすることから始めています。
こちらからもご質問や世間話など、色々とお話を重ねる中で漠然としていたことも明確になることが多いです。
また、住宅というハード的な見方ではなく私の場合、
『住まいKATA暮らしKATA』という観点からお客様と自分たちの今までの住まい形や家族のライフスタイルを
見つめ直して一緒に考えるようにしています。

やりたいことや想いを文書にまず書き出すことも整理していきやすいと思います。
まず、今回もそれらをまとめゾーニングから始めます。
c0203505_17401720.jpg

ゾーニング:平面プランをご要望に合わせ大まか(ゾーンごと)に煮詰めていく作業です。
        この時、立体的な動線などもおおまかに・・
今回は、ご年配のご夫婦が暮らすお家です。
押し花教室をされている奥様の教室となるお部屋や寛げる空間をいかに・・
c0203505_17503113.jpg

まずは平面プラン&外観イメージを(今回は手書き)ラフやパースで作成して、お施主様に見ていただきながらご要望に対してのプランの説明をさせていただき、お話を広げていきます。
納得いくまで何回もします。

何とか今日中に第1プランができてほっと一息です。
c0203505_1832930.jpg

バリスタでいれたカプチーノ!ブレイクタイムします。


『犬と暮らす』 自然派の自分らしい住まいKATA暮らしKATAを考える奈良のエルグ建築設計より 

[PR]

by kimaguretetty | 2012-09-17 18:08 | 住まいKATA暮らしKATA