カテゴリ:身近な住まいKATAご相談( 3 )


2015年 07月 03日

バルコニー防水工事

今回は、ルーフバルコニーの防水のご相談!
ご相談者は、『Sutekiみ〜つけた』担当のSatoのんです。

【ご相談内容】

バルコニーなんですが、塗装が薄くなっていたり、剥がれていたり、苔が生えたり…と、これからの梅雨時期を無事に過ごせるのだろうか。。。と不安に思っていました。(by Satoのん)


ということで、調査させていただきました。


c0203505_1210337.jpg


バルコニーの広さは、十畳分くらいで、下は居室です。屋根も兼ねたバルコニーという構造で、FRP防水工法ですが、築10年ぐらいメンテナンスは、何もしていないという事でした。
歩行等による磨耗が原因などでトップコートの剥がれがかなりあり、所々に劣化している事からみても、居室に雨漏りする前にそして、梅雨に入る前に防水工事を行う事にしました。

この場合、下地材からの浮きなどはなかったので、ウレタン系のトップコートで塗り替えという方法にしました。
まずはキレイに水洗い、それから塗り替え専用プライマーを塗り、トップコートを塗装という工程です。
…と、何となく作業工程は想像つくんですが、「こんなんどうしてるの???」と疑問に思っていることありませんか(^^)?


『Satoのん』もそんな疑問があったみたいで、ここからは、思ってた疑問をSatoのんにレポートしていただきました(^^)v

☆疑問その1
【エアコン室外機は、何処に置くの⁇】


二階の部屋のエアコンの室外機。
バルコニーに置いてあったのですが、「塗装している間、乾かしてる間はどうするの???外すの???」と思っていたら…何と!浮いてました。

c0203505_12103729.jpg


1日目、作業終了後。
ツルッツル、ツヤッツヤです。

c0203505_12184334.jpg


その日の夜、すごい雨が降りました(T_T)
でも…

c0203505_12113298.jpg


心配していましたが、翌朝見ると、スゴイ撥水です。
2日目は、雨の水を拭いてからの作業となったので大変だったと思います。

そして、作業終了。

c0203505_12121449.jpg




塗装が薄くなっていたり、剥がれていたり、苔が生えたり…の部分はもちろんキレイになり、滑り止めの処理もされています。

☆疑問その2
【職人さんは塗り終わったあと、どうやって帰るの???】


今回の場合は、職人さんが立てるギリギリの部分まで塗り、バルコニーの柵部分にぶら下がって、最後の一塗り。
そして、柵を軽々と越え、ハシゴで下りて行きました〜。さすがです!

c0203505_12124477.jpg



防水工事終了で、我が家もこれからの梅雨、台風、年々増えている気がするゲリラ豪雨などにも安心して過ごすことができます。
以上 『Satoのんレポート』でした。

ということで、ベランダ等の防水にも色々種類があり、メンテナンスや状態によっても補修方法も変わってきます。
信頼あるところで、早めのご相談からをお勧めします。

自分らしい住まいKATA・暮らしKATAを考えるエルグ建築設計
[PR]

by kimaguretetty | 2015-07-03 08:38 | 身近な住まいKATAご相談
2012年 09月 09日

暮らし形ご提案

小学生の娘さん2人とご夫妻の4人ご家族!
新築を購入されて8年・・・・・毎日の家事の中使い勝手に色々と問題もでてきたということで
リフォームを考えている。。。というご相談を受けています。

ちょうど建材フェアのバスツアーのお誘いが建設業者さんからあり、
この企画は、お客様をファミリーで参加していただくため、午前中建材フェアを自由見学してWTCで昼食!
その後、海遊館見学があるお子様も楽しめる内容ものでした。
c0203505_11639100.jpg

今回ご主人も参加できるという事でこの機会にみんなで和やかにお話できればと思い参加しました。
c0203505_1172266.jpg
新築を計画された時かはいいと思ってたこと。
その時にきずかなかったこと。
子供さんの成長によって変わってくること。
物が増えて来る対処法。。。
などなど 暮らしていてわかってくることや家族形成などの変化などいろんなことが
『あーしたい!こーしたい!』がでてくるものです。

そんなときエルグ建築設計では。。。。。
焦って部分的に手を加えるより、まずご家族の少し先の暮らし形を想像してもらいながら
『あーしたい!こーしたい!』を想っているだけお話をお聞きします。
そして、全体にどうしていきたいかが見えてくるまでいろんな提案を考えながらまとめていきます。


ご予算もあるので、施主様の方で勝手にムリと決めつけられて言わなかったという事も多いのですが、
したいことを全部お話をしていただき、プロの知識とアイデアでまとめていくと意外と出来る場合が
多いです。
c0203505_1173521.jpg

また、最終全体にこうしていきたいを決めておいてそれに向かって、工事を合理的に何期かに分けて
行っていくという方法も一回の工事予算を決めやすいお奨めの一つです。

建築士としても、住宅をお客様の想いをただ聞いてそのまま建てたり、リフォームしたりだけでなくお客様が『そうしたい!』という想いを実際の暮らし形に置き換えて出来るだけの『きずき』のアドバイスと
工事(いろんな業種)に対しての専門的な知識で総合的に中立の立場で考えて行くことが出来ます。






『犬と暮らす』 自然派の自分らしい住まいKATA暮らしKATAを考える奈良のエルグ建築設計より 
[PR]

by kimaguretetty | 2012-09-09 12:02 | 身近な住まいKATAご相談
2012年 05月 03日

水漏れ?

世間は、GWの真っ只中でしょうか?!
相変わらず、こちらは朝からバタバタ・・・
今日はAM10:00~にお風呂の水漏れのご相談に伺うことになっているのですが、外はあいにくの
雨です。

築9年の木造2F建て住宅で基礎はべた基礎です。
お風呂が在来工法のタイル張りに浴槽据え付けタイプ
浴室に隣接している洗面所の床下がいつも濡れているとのこと。
c0203505_0205252.jpg

洗面の床下点検口から中を点検しました。
c0203505_0221889.jpg

もうこんな状態で5~6年は過ぎているといわれています。
新築で購入したマイホームなのに住みだして2~3年であちらこちらから雨漏りやお風呂からの水漏れ
建売業者は、なかなか取り合ってくれず、依頼されて建てた業者は、来てもこーキング程度で処理して帰っていくということです。

何とも困ったものです。
JIOの10年瑕疵保証がついているので、
改めて外回りからの調査をした後、お風呂を解体して躯体に問題がないか販売業者と建設業者立ち合いでのお話合いとし、土台や柱に腐りが起こっていればJIOの立ち合い要請というとこまで話がついた状態です。
しかし、10年保証といっても保証内容をりかいしていないとなんでも出るわけではないのです。

住んでいるお施主様がやはり一番被害者になってしまいがちです。
[PR]

by kimaguretetty | 2012-05-03 00:45 | 身近な住まいKATAご相談