カテゴリ:橿原の家(新築)( 5 )


2012年 11月 12日

お施主様の想いを

自分らしい住まいKATA・暮らしKATAを考えるエルグ建築設計

中間・完了検査等各検査も無事終えることができお施主様の想いがたくさん詰まった住まいが出来上がりました。
c0203505_2313587.jpg

新緑の頃から始まった工事でしたが、紅葉の綺麗なこの時期に完成、お引渡しができ、ホント良かったです。
打ち合わせの時より、こだわりや想いが強かった施主様とは、時間をかけて沢山お話や打ち合わせを繰り返してきました。
施主様の想いを大切にカタチにして行く為といっても・・・でもそのままお勧め出来ないこともあります。
いくら施主様が希望されても構造の耐力状で取れない壁や土地の形状と建物の形状の配置に無理が出たり、
理想だけで作ると無駄になったりする空間だと思われそうなときなど・・・
そんな時はいつも私が心がけることは!!
『何故、出来ないか?どうすれば出来るか!他の方法は!?実際の暮らし形と何度も照らし合わせながら、自分たちならどうするか?メンテナンスはどこまでできるか?』などなど・・・
やはり、出来上がってからの『もっとこうしたら良かった!』を少しでも減らしていただきたく
お施主様が納得されるまでお話しながら、アドバイスさせていただいてます。
c0203505_23134179.jpg

工事に入ってからも、現場管理の方の細かい確認や配慮がありがたいと思いました。
大工さんにもご相談を多々聞いていただいたと思います。
それに各職人さん達の協力もあってのことで、いつも皆で創っていることを咸じます。
[PR]

by kimaguretetty | 2012-11-12 23:23 | 橿原の家(新築)
2012年 07月 22日

現場にて・・

先日、橿原の現場で施主様(奥様)と立ち合いが出来ました。
2Fの造作を一先ず終え、1Fのリビングの無垢のフロア張りのところです。
まだ若いご夫婦のご要望を・・一緒に確認していきました。
c0203505_19354479.jpg


間取りや仕上げのプランは、奥様の希望が多かったので、奥様も実際にどんな感じかがとても気になっていたそうです。
カメラ持参でまずは、写真撮影から・・・(笑)
c0203505_1936343.jpg

リビングの大きな吹き抜け&2Fの寝室から見下ろせる窓
c0203505_19384216.jpg


階段をあがるとそのままチャイルドスペース&ロフトスペース
c0203505_20261157.jpg

広めに計画したバルコニーからは、リバーサイドの遊歩道・・春には桜並木というロケーションが
今から楽しみです。
c0203505_19385445.jpg


お話も弾みながら建物を確認して回りました。
子育てしやすく、共働きでも家事がしやすく、みんなの気配がいつも感じられる・・・それでいてプライベートも
守られる・・そんなご希望にお答えするうえで考えた間取り計画・動線を現場で確認されて改めて気に入っていただけたことは、
いつも動線による間取りの重要性を感じている私にとって何よりです!!




自然派の自分らし住まいKATA暮らしKATA エルグ建築設計事務所
[PR]

by kimaguretetty | 2012-07-22 20:13 | 橿原の家(新築)
2012年 07月 07日

大工さんとのおしゃべり

5/28病院で抜糸!
その夕方に橿原の家の途中経過を覗きに行きました。
木造2階建ての在来工法に今回はコストのことも『FP工法の高気密高断熱』ではなく、吹き付け断熱で施工しました。
サッシも、樹脂とアルミの複合ペアガラスを使用しました。c0203505_16391064.jpg



橿原の家の施主様は、まだお若いご夫婦でご主人と奥様の夢とご希望がたくさんあり過ぎ・・
それを一つでも多く快適に取り入れるため、何度も打ち合わせを繰り返してきたものです。

現場の大工さんも熱心で私が施主様の想いを伝えたると色々アドバイスや意見を言っていただけるので
ついついおしゃべりに手を止めさせてしまっています(笑)

c0203505_1615367.jpgまずお玄関ホール
メインホールとその右横に土間続きで行けるクローク 
そしてそこからパントリー→キッチンへと・・

c0203505_16145494.jpg






施主様の沢山あるご希望のこだわり・・で
リビング階段がクローク横に変更と外観から見てお玄関が出っ張っているのがどうしてもNGということで、
D500狭くなりクロークと玄関土間が縮小になってもこのパターンは残いたいというところ。
大工さんと一緒にチェック!


c0203505_16131027.jpg
c0203505_16125933.jpg









ホールからリビングに
広めの吹き抜け
リビングと和室から出入りできるテラスでもう一つの空間を持ったり一体感で開放的に使ったり・・

c0203505_16305465.jpg浴室の上が広めのベランダになっているのでしっかりと断熱材を吹き付けてもらっています。
監督さんも施主さんの立場で常に業者さんと打ち合わせていただいてます。



自然派の自分らしい住まいKATA暮らしKATA エルグ建築設計事務所
[PR]

by kimaguretetty | 2012-07-07 16:11 | 橿原の家(新築)
2012年 05月 23日

構造検査を兼ねて(橿原の新築)

先日、上棟した橿原の新築住宅の構造チェックを兼ねて様子を見に行ってきました。
c0203505_19175057.jpg

更地の状態の時の写真です。





上棟から6~7目ぐらいに中間検査というものがあります。
構造や金物などをチェックするのです。
施工管理の方の段取りも良かったので着工からスムーズに来ています。
基礎の鉄筋の検査から中間・完了と10年保証や性能保証などの保証会社からの検査と
確認申請の検査と施工会社独自の検査と何十にも検査をするようになっていますが、
設計事務所が入っているときには設計事務所が中立の立場で再度確認検査します。
やはり、しっかりと中立の立場のものが検査することが大事に思います。
c0203505_1918360.jpgc0203505_19265957.jpg

c0203505_19283291.jpgc0203505_19282418.jpg
リビングの大きめの吹き抜け部分と
玄関からのクローク部分です。
小さくてもホールに上がら行けるクロークが欲しいといわれた所なんです。
どんな感じになるかを早く見たかったところです。


お施主様と何回も打ち合わせてプランを考えたものがだんだん形のになっていくのは、
ホントにいつものことですが楽しい気分です。
また近いうちに図面との確認に行くことにします。
c0203505_2015782.jpg







自然派の自分らし住まいKATA暮らしKATA エルグ建築設計事務所
[PR]

by kimaguretetty | 2012-05-23 20:25 | 橿原の家(新築)
2012年 05月 18日

上棟

去年1年近くの打ち合わせを重ね計画してきたお家です。
春は、川沿いの桜並木がとてもきれいで閑静な立地だけに
桜をゆっくり眺めるため2Fに広いベランダが欲しいというご希望もしっかり入ったプランができました。

c0203505_23462087.jpg
c0203505_23505143.jpg

ご主人も奥様もいろんな想いがあって、お話が弾みすぎて時間が過ぎたことも幾度もありました。
そうして、まとまったプランがようやくこの5月の大安に無事上棟することができました。
お天気もまずまず・・・
c0203505_2351457.jpgc0203505_23513523.jpg


順調に進んでいます。
c0203505_23532335.jpgc0203505_23531566.jpg

屋根終いまでほぼ予定通り、暗くならないうちに終えました。
皆様、おめでとうございます&お疲れ様でした。



自然派の自分らし住まいKATA暮らしKATA エルグ建築設計事務所
[PR]

by kimaguretetty | 2012-05-18 23:03 | 橿原の家(新築)