プールでenjoy

7月16日から父ちゃんが急に入院することになって、
かぁ~ちゃんは、ご存じのとおり両手首の怪我でまだリハビリ中!!
まだ、運転ができないので実家に泊まったりで、テティも5月26日以来かぁ~ちゃんの実家に
行ったまま・・・
先月1週間訓練所に預けられて・・・やっと最近落ち着いたと思ってたのに・・・みんながわいをどうするかって
話してたぁ~そして、結論はすぐ出た。
わいはまた、訓練所に預けられることになった。
いつ迎えに来てくれるかとわいは、毎日首を長~~くして待ってたん。キリンになるかと思うぐらい・・・
そうして、2週間がたってしまった。
今朝早く、訓練所の先生が水でわいを洗ってくれた・・?なんでやろ??って思ってたら、きたぁ~~
かぁちゃんがお友達のご夫婦に乗っけてもらってわいを迎えに来てくれたぁ
久々やし・・ちょこっと照れた。
c0203505_16461490.jpg

そしてその後、ご褒美やといってプールに連れて行ってくれたん。
うれしくて、車の中でも『ワンワン』鳴いてしまった。。。。。怒られたぁ

プールについたら、黒ラブのお友達が4人も待っててくれた。
どれがわいかわかるぅ!?
c0203505_1647291.jpg

今日もすっごく暑いから・・わいは真っ先に飛び込んでしもたぁん。
c0203505_165164.jpg

やっほ~~
c0203505_1651349.jpg

=宙を駆けるワンコ=  走ってる走ってる・・・
c0203505_16531882.jpg

決して溺れているのではないのだ。
わいは、真剣に泳いでるんやでぇ。  誰!!しらーーっと見てるのは・・・
c0203505_16552660.jpg


でもわいは、楽しいのだぁ~かぁちゃんtと一緒!  只今~~かぁちゃ~ん!

『お帰り~がっちゃん!2週間よく頑張ったね。沢山泳いで、今日からぐっすりお家で寝れますからね~』



自然派の自分らし住まいKATA暮らしKATA エルグ建築設計事務所
[PR]
by kimaguretetty | 2012-07-29 16:40 | 気まぐれTettyが行く~!晩年物語!

水漏れ調査開始

7月24日いよいよ調査を兼ねたお風呂の解体&りフォ―ムが始まりました。

浴槽とタイルの洗い場の下地部分から基礎に染み出ている水
c0203505_874691.jpg

ポーチのタイルの境目から常に滴る水の為苔が・・・
c0203505_88116.jpg

こちらも床下の低い部分に水が常に溜まっているため、外側の基礎に浸透ここにも苔が・・・
c0203505_882685.jpg

上記写真の床下状況
c0203505_884034.jpg

解体はお昼までで浴槽が外れました。
c0203505_892242.jpgc0203505_891072.jpg
浴槽の下の配管以外の排水処理の考え方に問題があります。
洗い場の床タイルをめくっても下地とも水廻りの処理としては、基礎がべた基礎の上に
造っていることの認識がないということでした。
c0203505_8102125.jpg

下地の土砕石を掘り出していくと水が抜けるところを探すように全体が滴っていました。
少し水を流してみると一番低いポーチの方に水が流れ、タイルの境目から湧いてきました。
予想どうりの結果が出てしまいました。

この後、販売会社と施工会社との立会いです。
報告書まとめて提出準備です。



それにしても暑い一日でした。
みなさんお疲れ様でした&明日からもよろしくお願いします。
私も一日で真っ黒です(笑)




自然派の自分らし住まいKATA暮らしKATA エルグ建築設計事務所
[PR]
by kimaguretetty | 2012-07-27 08:09 | リノベーションLIFE

現場にて・・

先日、橿原の現場で施主様(奥様)と立ち合いが出来ました。
2Fの造作を一先ず終え、1Fのリビングの無垢のフロア張りのところです。
まだ若いご夫婦のご要望を・・一緒に確認していきました。
c0203505_19354479.jpg


間取りや仕上げのプランは、奥様の希望が多かったので、奥様も実際にどんな感じかがとても気になっていたそうです。
カメラ持参でまずは、写真撮影から・・・(笑)
c0203505_1936343.jpg

リビングの大きな吹き抜け&2Fの寝室から見下ろせる窓
c0203505_19384216.jpg


階段をあがるとそのままチャイルドスペース&ロフトスペース
c0203505_20261157.jpg

広めに計画したバルコニーからは、リバーサイドの遊歩道・・春には桜並木というロケーションが
今から楽しみです。
c0203505_19385445.jpg


お話も弾みながら建物を確認して回りました。
子育てしやすく、共働きでも家事がしやすく、みんなの気配がいつも感じられる・・・それでいてプライベートも
守られる・・そんなご希望にお答えするうえで考えた間取り計画・動線を現場で確認されて改めて気に入っていただけたことは、
いつも動線による間取りの重要性を感じている私にとって何よりです!!




自然派の自分らし住まいKATA暮らしKATA エルグ建築設計事務所
[PR]
by kimaguretetty | 2012-07-22 20:13 | 橿原の家(新築)

新しいお友達!

先日のお休みに久々がっちゃん(Gershwin)を連れ、森に遊びに行きました。
私が怪我をして1ヶ月半ぶりになります。
もちろん私は、ついて行くだけ・・見てるだけ・・ですが・・・(笑)
がっちゃんも久々でいつになくハイテンション!!!
まず始まったのが
森ではいつも一緒に遊んでいるクイートくんと男同士のディスクの戦い?!
c0203505_912427.jpg

ヤッホ~060.gifぴょ~~よ~~んジヤンプ053.gif
c0203505_9133242.jpg

そしてもうひとりいつも居るルビーちゃん(3才女の子)ではなく
今日で会うのがまだ2回目のシェリーちゃん(1.5才の女の子)
c0203505_916303.jpg

私たちの予想を反して喧嘩することもなく、それどころかクイートくんとの接し方とは少し違いさえ見せた
053.gif6才大和の爆犬Gershwin(ガーシュウィン)くんでした。
c0203505_925295.jpg

う~~んこの悩ましいポーズに女の子を意識したのか???がっちゃん6才の夏の思い出・・一緒に遊べる4人目のお友達!!(笑)
c0203505_9273047.jpg

やけにディスクもはりきってたのは、シェリーちゃんのせいでしょうか・・・
そして、親バカの飼い主は、2回目にしてこの光景になれたがっちゃんの遅ればせながらにまた一つ!成長してくれたことを心から嬉しく思うのでしたぁ~~
c0203505_9345158.jpg

ちょっと微妙な距離ですが・・・(笑)



自然派の自分らしい住まいKATA暮らしKATA エルグ建築設計事務所
[PR]
by kimaguretetty | 2012-07-13 09:39 | 気まぐれTettyが行く~!晩年物語!

木の味わい(建具編)

最近、各建材メーカーからも木の風合いが見直され、おしゃれで木目を生かした
内装建具がたくさん出ています。
それはそれで、スッキリしていてスマートだと思います。c0203505_1265928.jpg




今回は、既存の雰囲気、サイズ、何より施主様が木の良さを知っておられるということで
オリジナルの木製建具を作ることにしました。
c0203505_13464157.jpg
c0203505_1347434.jpg
奥様が縦格子が
ご希望だったので、いくつかデザイン・コストを考えてご提案しました。


建具工場で打ち合わせを重ねてい建具です。5/31搬入!
私自身も出来上がりを見るときはいつもドキドキ。。ワクワク。。。です。

廊下と和室居間の間仕切り引き戸、押入れの建具

c0203505_12485444.jpgc0203505_135057.jpg
押入れの扉は、片開き戸から飛び出た取っ手ではなくシンプルなデザインのどこからでも開けやすい折れ戸を考えました

c0203505_12532110.jpgc0203505_12531016.jpg


廊下とキッチンの間仕切り引き戸

キッチンと和室居間はデザインを合わせ、すりガラス幅60mm・格子幅60mm6本と同じ幅で採光も入りやすく、ガラスも割れにくい間隔にしました。





廊下側から見た感じです。お昼はキッチン側からの採光が・・夜は照明の明かりが程よくすりガラスから零れ落ち廊下の印象も
『モダンなお店の様に雰囲気が良くなった』とご主人・奥様・娘様とも気にいっていただけました。
c0203505_131747.jpg


間仕切り袖壁、キッチンの勝手口引き戸

c0203505_13205441.jpg


袖壁は、格子とガラスの間隔を36mmに合わせ、勝手口も格子は合わせて36mmの幅にして両面格子にして、ガラス面を広めにとりました。
c0203505_13193668.jpg
c0203505_13203627.jpg

自然の木目の風合いが格子の1本1本に何とも言えない味をだし、程よく存在感があるのに部屋にもとけ込んでいるのは、やっぱり自然の物のチカラでしょうか?!
とっても素敵なものができたと喜んでいただけたのがなによりです。


自然派の自分らしい住まいKATA暮らしKATA エルグ建築設計事務所
[PR]
by kimaguretetty | 2012-07-08 14:54 | リノベーションLIFE

大工さんとのおしゃべり

5/28病院で抜糸!
その夕方に橿原の家の途中経過を覗きに行きました。
木造2階建ての在来工法に今回はコストのことも『FP工法の高気密高断熱』ではなく、吹き付け断熱で施工しました。
サッシも、樹脂とアルミの複合ペアガラスを使用しました。c0203505_16391064.jpg



橿原の家の施主様は、まだお若いご夫婦でご主人と奥様の夢とご希望がたくさんあり過ぎ・・
それを一つでも多く快適に取り入れるため、何度も打ち合わせを繰り返してきたものです。

現場の大工さんも熱心で私が施主様の想いを伝えたると色々アドバイスや意見を言っていただけるので
ついついおしゃべりに手を止めさせてしまっています(笑)

c0203505_1615367.jpgまずお玄関ホール
メインホールとその右横に土間続きで行けるクローク 
そしてそこからパントリー→キッチンへと・・

c0203505_16145494.jpg






施主様の沢山あるご希望のこだわり・・で
リビング階段がクローク横に変更と外観から見てお玄関が出っ張っているのがどうしてもNGということで、
D500狭くなりクロークと玄関土間が縮小になってもこのパターンは残いたいというところ。
大工さんと一緒にチェック!


c0203505_16131027.jpg
c0203505_16125933.jpg









ホールからリビングに
広めの吹き抜け
リビングと和室から出入りできるテラスでもう一つの空間を持ったり一体感で開放的に使ったり・・

c0203505_16305465.jpg浴室の上が広めのベランダになっているのでしっかりと断熱材を吹き付けてもらっています。
監督さんも施主さんの立場で常に業者さんと打ち合わせていただいてます。



自然派の自分らしい住まいKATA暮らしKATA エルグ建築設計事務所
[PR]
by kimaguretetty | 2012-07-07 16:11 | 橿原の家(新築)

梅ジャム!

今年の梅雨は・・まさにつゆ~って感じで雨も結構降っていますね。
我が家のWan’s!雨の日はとっても退屈しています。
特に怖がりのGershwinは、もっぱらおとなしくなり自分のゲージに入っては『フゥ~』って感じで
居間のソファをいったりきたり・・
c0203505_18323365.jpg

がっちゃんがおとなしくしている間に・・・夕食の用意と買い物に

まだ、手が自由にならないので食事の用意を手伝いに来てくれた母とスーパーに行ったところ
青梅をみつけた母が思わず買っちゃいました。
そして、青梅でジャム作りに挑戦となりました。
c0203505_19143249.jpg

①梅(2kgを基準)を柔らかくなるまでたっぷりのお水で煮ます。
c0203505_19144384.jpg

②ざるにあげて水気を切って、種を取り除き裏ごしにします。
③ホーロー鍋または、ガラス鍋に裏ごしした梅とサトウ2kgを入れて弱火で煮ます。
*サトウの代わりにハチミツを使う場合は、1.5~6kg程度
*また、お好みでサトウとハチミツを割合よく混ぜてもOK!
*固めが良い場合は、寒天を5g程度入れると良いみたいです。
c0203505_19145566.jpg

④熱いうちにビンに詰めて保存してくださいとのこと・・

甘酸っぱくて梅の嫌いな方でも食べれそうです。イチゴやブルーベリーとはまた違って
少しあっさりした感じでしょうか?!
ヨーグルトにかけて明日の朝食は、バッチリ。


自然派の自分らしい住まいKATA暮らしKATA エルグ建築設計事務所
[PR]
by kimaguretetty | 2012-07-05 18:15 | ほっこり空間

キッチンリフォーム4

若草山が見える現場のキッチンリフォームのブログUPが遅くなりましたが
皆さんのおかげで、工程通り無事完成しています。順を追って掲載していこうと思います。
『2012.5.29 キッチン施工』
c0203505_6291180.jpgc0203505_6285931.jpg
建てる時に和室や廊下、階段の間取りの加減でキッチンにシワ寄せが来て
狭くなってしまったそうです。
お母さんは、毎日キッチンに立っては、そのことを思い出しながら家事をしていたそうです
立派な昔造りの材木を使った住まいの為、家をいらうことに反対だったご主人が、奥様の為に
キッチンの入れ替えに賛成してくださったのです。

そして、キッチン、居間に面する建具、勝手口、押入れの建具、袖壁・・新調しました。
玄関ホール、廊下の補修もご主人が納得してもらえる方法でメンテしました。


奥様のご希望のカラー、機能を取り入れ、打ち合わせたキッチンです。

c0203505_6293987.jpgc0203505_6292388.jpg
間取りが細長い事とご年配なので、今までの使い勝手(動線)をあまり変えない方が良い!と
いうことでI型キッチン+カップボード+家電収納+カウンターという並びで奥行を揃えて
スッキリとしたので、前より広く感じます。
コンロは、キッチンメーカーとは別に奥様と相談してご主人でも使い安い機能のものを探して
組み込みました。
流し台の後ろが階段下になるので、それを利用したパントリーは収納力抜群です。
天井の照明もスッキリダウンライトに・・・





自然派の自分らしい住まいKATA暮らしKATA エルグ建築設計事務所

[PR]
by kimaguretetty | 2012-07-03 06:58 | リノベーションLIFE