リフォームの考え方

リフォーム工事と言っても人それぞれ色々な考え方があります。

今回月曜日から工事にかかっているお家のリフォームは、大規模な増改築を一度にするのではなく
部分的に改装工事を行っていく方法でリフォームを行われています。
子供さん達がそれぞれお家を出られ自立してご家族を持たれているため、ご夫婦2人で暮らしていくのに
建替えではなく、少しずつ使いやすくリフォームして行く方法にされました。
3年前に寝室を去年の初めにお玄関廻り、アプローチ、外構・・・
c0203505_8251691.jpg


そして、今年の初めにトイレ洗面のご相談。。
土壁のお家です。
c0203505_828477.jpg

このように部分的にリフォームをされていく方も結構多いと思います。

この場合は特に心地よく使い勝手を良くするためのお話を十分しながら最終的どうしていきたいか全体の計画をしっかり立てた上で、工事の範囲を決めて行くことが無駄のないリフォームの進め方になります。
全体の調和も考えながらスペースごとのデザイン計画も行えば最終的にちぐはぐなとって付けた咸じもなくなるはずです。
お家によって、一番良い計画や工事の方法、進め方などをまず考えて話し合うことから始めるのは大事なこと
だと思います。
[PR]
by kimaguretetty | 2012-11-01 08:45 | 使いやすい水廻りのヒント