外構工事進捗

門扉廻りを中心とした外構工事の流れです。
まずは現場で再度、工程を説明し、解体からスタートです。
c0203505_21381633.jpg

鉄筋を入れてブロックを積みます。
元の石積の壁が素敵だったので、少し残して利用することにしました。
c0203505_21382938.jpg

石積の幅が暑いのでブロックも厚めの190mmです。
c0203505_21384184.jpg

崩れ積の石の上に鉄筋を横に入れ、石が動いてもブロックに影響が
最小限で済むように工夫します。
c0203505_2139275.jpg

今の時期は、気温が低いのでモルタルの渇き具合に注意して進めることが大事です。
先日からのきつい風の日、雪が舞った日には、左官工事は中止し、
お天気が良い昨日から始めました。
c0203505_21392270.jpg

モルタルが凍てるとダメなので、十分日程をとり乾かしながら進んて行くことが一番です。
吹き付け塗装仕上げとなりますが、それもまた、同様のことが言えるのです。

後は、しっかり乾かして、吹き付け塗装工事に続きます。


自分らしい住まいKATA・暮らしKATAを考えるエルグ建築設計

[PR]
by kimaguretetty | 2013-01-30 22:12 | 外構*ガーデン